暁堂ブログ
おもしろ動画や自作イラスト等を中心にご紹介していきます。お気軽にどうぞ!
海上都市妄想 その1
ご無沙汰しております、暁です。

最近の妄想ネタとして「海上都市妄想」というのがありまして。

発端は「VOCARIDER(ヴォーカライダー)」というボカロ+仮面ライダーのネタを考えていたときに、舞台となる都市はどんなものがいいだろうかとあれこれ調べていて、「海上都市」というキーワードを見つけたところから話が始まるのですが。

要は「海上に都市を建設するとしたらどんな要素検討が必要だろうか」ということをグダグダ考える、しょーもない話です。


実際今日までに思いついたことを書き出すと・・・

・都市は基礎(含む発電、上下水道施設等)階層、交通網階層、生活階層とそれぞれの役割別の多層構造になっている。

・基礎階層には今後使用が禁止されるシングル・ハル型タンカーをメガフロートとして用いる。

・交通網階層には車や電車といった高速(人力による移動速度に対して)移動手段を集約し、人の生活圏である生活階層と切り離すことで交通の効率化と人身事故の低減を図る。

・発電手法は自然エネルギーによるものを主体とする。

・都市は首都圏(架空)が位置する湾の入り口に配され、湾の外郭である半島同士を結ぶ海上横断道路の中継基地として機能するとともに、湾に侵入するあらゆる脅威を防ぐ防波堤としての側面を持つ。

・都市は「先端技術実証試験都市」と呼ばれ、各分野の先端技術を研究する施設が集約され、またこれを大規模に試験できる環境となっている。(円滑な研究活動のために一部の法規制の適用が緩和または免除され、独自の行政権も持つ)

・都市には空港、港湾、各種研究(工学、医療、etc・・・)施設とそれに付随する大学などの教育施設のみならず、音楽やダンス、演劇などといった各種芸術活動を行える劇場、スタジオ、コンサートホール、またそれらの教育施設等も充実している。

・都市の名称は「東都(TOHTO)市」とする。


~以下、「VOCARIDER」としての妄想(一部)~

・東都市は急速に普及し始めた「VOCALOID」が人との融和を図るためのモデルシティとなっており、人とVOCALOIDが共生するための実証試験が行われている。

・市内にはモデルやモーション、アクセサリの販売ショップやカスタムショップ等のVOCAROID関連ショップが多数立ち並んでいる。

・東都市には市内にのみその活動が許された「ジェフティ(JEHUTY)」と呼ばれる「VOCALOID」主体の警察組織が存在する。

・「ジェフティ(JEHUTY)」はその高い行動能力から、先端技術の試験および内外へ対する広報活動も重要な任務とする。

・市内では最近「ロスト化」と呼ばれる「怪現象」が発生している。


・・・といった厨二病全開な妄想が絶賛展開中です。

もう色々とアレな感じですが、今はネタを練るのが楽しいもので。

もうしばらくはこのネタで遊んでみようと思います。

それでは、また。
スポンサーサイト
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog